性能と頑丈さを追求し、ほかのどこにもない
お客様だけの個性ある家をつくり続けたい。

俊男  住宅専門誌に載っていたある建築家の作品を見て、自分でもこんないい家が建てて見たいと思って工務店を始めた。だからいつも、ここをこうしたらもっとよくなるとか、細かいところまで手間をかけているんだ。

貴生  そういう親父の気持ちというのが、一緒に仕事をしていると一層分かるようになった。それはしっかり受け継ぎたいと思っている。

俊男  ありがたいことに、お客様は信頼して任せてくださっている。それに応えて、もっといいものをつくるのが工務店としての仕事だと思ってやってきたからね。

貴生  これまで親父の人柄で築いてきたものを、自分なりに工夫して幅を広げていきたい。ただ任せていただくのではなく、一緒に楽しんでもらいながら、個性的な家づくりができるようにこだわっていきたい。

俊男  本格的な和風の家づくりもやってきたし、モダンなデザインもできる。FPグループに加入して高性能住宅にも取組んできたから、最先端の家づくりだって、どこにも負けないだろう。

貴生  自分も6年間同じFPグループで寺社建築が得意な工務店さんで修行させてもらって、いい経験になった。これまでに培った技術があれば、高性能で頑丈、しかも住む人らしい家づくりが、どんどんできると思う。

俊男  数より、丁寧で心をこめた家づくりを続けてほしいな。

貴生  仕事を継ぐようになって、家族の大切さを改めて感じているんだ。その気持ちを活かして、これからも大久保流のいい家づくりができるように頑張るよ!

安心して任せていただいたお客様のために
ひと手間かけて、良くしていくのが大久保流。
本文へジャンプ
 


   

大久保工務店有限会社

お客様のために、心を込めた家づくりを
親子二代で受け継いでいきます